130919 ヴィトラデザイン
晴れ。バーゼルへ移動。

天気がいいので、ヴィトラデザインへ。ヴィトラはドイツにあるので、通過がユーロに変更。トラム、バスを乗り継いで簡単にたどり着けた。バスを降りるとすぐにヘルツォークの建築がみえる。入り口からはゲーリーの美術館も見えるが、外壁の塗装工事をしているため閉館中。
12時からの建築ガイドツアーを申し込む。ガイド開始時間になっても僕以外誰も参加者がいない、僕とガイドさん2人で、質問があったら言ってね!と、とても気楽なガイドツアーが開始。
フラーのドームや、ジャン・プルーべ、ニコラス・グリムショー、シザの建築を外観のみ見る。シザの建築の向こう側にザハの建築があり、シザの四角いレンガとザハのイビツなコンクリートが対比となっている。グリムショーとシザの建築の間の雨よけの屋根が面白く、雨の日だけ自動的にしたの方へおりてくるらしい。樋がその時つながる。屋根が下に降りても、奥にあるザハの建築とはかぶらないようになっている。

ザハの消防署へ。ある程度近づくと持ち出した庇がとてもパースペクティブにみえる。とがった庇の先は削れており、補助として金物が巻かれている。庇のスラブは薄すぎたせいか少したるんでいる。金属の丸柱が何本もあるが、中にコンクリートが詰まった構造の柱は3本のみ、傾いた柱はすべて意匠。中に入り、消防車の駐車スペースを見る、入口ドアはすべて片引きで全開できる。そこに柱はなく梁で持ち出している、2階から見ると手すりのような壁が梁として構造材になっているよう。
トレーニングスペースは入り口から見るととてもパースペクティブで、床が奥へと下がっているような錯覚をおこす。間仕切りとして金属性のロッカーがあり、洗面、シャワー、トイレが裏としてある。洗面の鏡の位置が高すぎて、背伸びしないと顔がシッカリと見れない、ガイドさんはトレーニングの為だとジョークを交えて説明してくれる。シャワールームの壁は傾いており、壁にくっつかないとシャワーを浴びれない、これもトレーニング。
階段前で傾いた壁に頭をぶつける、ガイドさんはデンジャラスビルディングだから気をつけて!と。スペースが狭く、壁が傾いていたり垂直だったり、錯覚もさせられ全く気づかなかった..
2階へ、階段は持ち出し。キッチンとミーティング用のイスとテーブルがある。椅子はパントンチェア。この空間もパースペクティブ。外の山の方をみると奥の方へと吸い込まれるようなパースペクティブになっている。両サイドに壁があり、右側は先ほどの持ち出しの構造材、左は意匠。

SANAAの建築へ。外観は白く、丸い。21世紀美術館と似ているが、こちらは完全な円のプランではなくちょっといびつな円のプラン。外壁はアクリルで6mmで1mmが白、外側5mmが透明らしい。カーテンのようにクネクネとしている。近くでみるととても綺麗で面白い。地面から少し浮かしてアクリルを取り付けているため、離れてみるとチット浮いた感じで白色と隣のグリムショーの建築の影響もあり軽い感じがする。工場内も見せてもらう、外壁の構造はプレキャストコンクリート2枚の間にコンクリートを打っていて、屋根は鉄骨、トラスの梁、折半の流れ、工場の棚の方向がすべて同じように配置されている。

次に、安藤建築へ。ミーティングするための建築。いつもの打ち放しだがpコンの上と下に釘頭ほどのコンクリートのブツブツがある。内部空間はいつも通りだが、外の道路を走る車がちょうど建物のコンクリート手すりの上を走っているように見える。ミーティング部屋からも廊下からもそう見える。面白い、安藤建築でこんなユニークて遊び心があるのは初めて。

ガイド終了後、フラードーム内の展示へ。アフリカや中国などのバナキュラーな建築の模型や図面が展示している。

ヘルツォークのヴィトラハウスへ。切妻の建築を積み重ねたようで、なんの無理もしていないようにカッコ良くまとまっている、重なってできた半屋外空間がとてもいい。必要そうな部分には壁や柱はなく、構造がどうなっているのかよく分からない。屋根には樋がついており、壁の中を通して、下の屋根へと降ろして
いる。最終的には持ち出し部分の天井に樋がちょこっとでていて、したの砂利部分に雨水が落ちる、たぶん。
内部はヴィトラ社商品のショールーム。建築も商品も全てかっこいい。最上階までEVであがり、ショースペースを見ながらおりてくる。持ち出し部分からは綺麗な景色がみれ、リビングスペースのようになっている。切妻が重なった部分では吹き抜けや螺旋階段など巧みに見せている。内部も外部以上に素晴らしすばらしい。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-19 19:52 | ユーロ+の旅 2013
130918 ヴァルスの温泉、聖ベネディクト教会
曇り、雨のち晴れ。チューリッヒからヴァルス、スンビィツへ日帰り。
旅の計画では行くつもりはしていなかったが、日帰りでいけそうなので急遽予定変更。

ズントー設計のヴァルスの温泉へ。まずは電車でイーザスまでいき、そこからバスで向かう。電車は片道51フラン、バス12.6フラン、温泉40フラン、高過ぎるが仕方ない。スイスの交通は静かで、時間もそこそこシッカリしているため乗継待ち時間も少ない。窓口の人も親切で愛想よく、日本のようなサービスなのでストレスが少ない。
ヴァルスに到着し、温泉を目指しスロープを登る、スロープの床仕上げも温泉と同じ石でつくられているが、雨で濡れていたため少々滑る。ヴァルスの外観は余りパッとはしないが、屋上の緑化は周りの風景と溶け込み見事、スリット部分のガラスが走る。内部では青く光るトップライトは 外に照明がある。
受付を済まし内部へ、薄暗い。廊下の壁からは温泉が出ており、脱衣室へ、浴室へは廊下を通らなくてもそのままいける。浴室も薄暗くスリットの光と水中の照明が幻想的な空間をつくっている。スリットは意匠的ではなく構造で切り離されている、いくつもの庇の付いたユニットが集まったような地と図の構成。ユニットの内部には温泉やシャワー、休憩スペースなどが入っていて、ユニットが集まって出来たワンルームのスペースに通路やトップライト付きの温泉がある。トップライト部分の屋根(天井)は各ユニットの庇につながれ浮いている。仕上げ材の石に注目されるが、プランがいいから他の材料だったとしても、良い建築だと思う。
雨が降っても内部は温泉で濡れてもいいのだし、スリットのガラスは無くてもいいのかもと思ったが、気温や雪の問題でさすがに無理か。
温泉はほとんどがぬるく、しっかり暖かいのは1つだけで他は温泉というよりは温水プール、花びらが浮いている温泉もあった。
内部から温泉に入ったまま外部へと出れる場所があり、内外はチェーンのノレンで仕切られている。露天風呂はお湯に浸かっていないと寒いためだろう。
温泉の水位で壁の色が切り替えられえいる。洞窟のように少し狭いトンネルをくぐった後の温泉は、壁仕上げの石が粗い。
温泉に入る時には時計を付けないため、時間が分からないのでスタッフに尋ねると、床から立ち上がる金色のパイプの天端を見る、なんとそこに時計が。さすがズントー。

スンビィツの聖ベネディクト教会へ。駅から山を1時間近く歩く、牛に着いている鈴の音が遠くから聴こえる、風景と音、空気が格別にいい。途中アスファルトの道とは違う近道と思われる山道を通ると、牛か馬の新鮮な糞が沢山落ちている、悪路の上に糞を避けるのがツライ。教会を見つけるが谷の向こう側、案内板を頼りになんとかたどり着く。
教会は想像していたスケール。外壁材の劣化具合が風景に馴染んでいる。入口は階段を上がったところにあり木の葉プランからは外れているがとても綺麗、扉は分厚くの細いルーバーが印象的、コンクリートの階段と建物は切り離されている。
内部はハイサイドからのルーバーにクッションした柔らかい光。曇りだったが、思っていたより内部は明るい。ルーバーの角度で射し込む光の強弱が変わる。天井は構造がそのまま意匠になっいて木の葉のような形をしている。内壁は合板に銀色っぽい塗装、柱は集成材。雰囲気はトゥルクの聖ヘンリ・エキュメニカル礼拝堂を思い出す。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-18 09:26 | ユーロ+の旅 2013
130917 チューリッヒ
曇り。ザルツブルクからスイス、チューリッヒに移動。
通過がスイスフランに変わる。いつもそうだが通過が変わると、どのコインが何フランなのか慣れるまでが苦労する。ボッタクられていないかお釣りを確かめるのも時間がかかる。買い物姿はまるで、お金を確かめながら駄菓子を買っていた小学生の頃のよう。

ロイチェンバッハの学校へ。事前にトラム路線図をダウンロードしておいたので、余裕でたどり着ける、ほんと便利になった。
トラスの構造が綺麗、1階の外壁まわりには柱がなく、内部から持ち出しているのだろう、かなりの持ち出し。1階ポーチの天井がギザギザになっている、構造的な影響か。屋外階段の連続性がとても綺麗。近くの橋から見ると、一番キマってみえる。写真にを撮るとCGパースのように綺麗に写る、まわりの木や影、自転車でさえも綺麗すぎて胡散臭くみえる。
話はずれるが、出来上がる建築を事前に計算してCGパースをつくり、そのおかげで計画段階からかなり精度の高い想像ができるようになった。でも、実際に竣工してCGと同じっていうのは何かつまらない。建築は出来てみないとわからないっいうのもいいところで、CGや模型などで完成姿を想像するが、実際に建ててみるとその想像以上というのは一番の理想。想定外を期待(想定)しての計画が楽しい。

チューリッヒ市内を軽くまわる。あまりみるべきものもないが、2つの塔と川が綺麗な景色。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-17 02:40 | ユーロ+の旅 2013
130916 ザルツブルク
雲のち雨。ザルツブルクへ移動。

雨がひどくならないうちに展望ポイントからザルツブルクの街並みを眺める。城、街、川、遠方には緑の丘と家がポツポツみえる。川の色は緑っぽく、街並み(屋根の)は銀色、彩度が低い。屋根はシルバーの立てハゼ葺っぽいのが多く、他の街とは全く違う屋根素材。個々の建物だけみると、それほど綺麗ではなく日本にもありそうだけど、景観はとても綺麗。川、城、遠方の緑が大きく影響している。

雨が降り始めたので、街中は軽くまわる。それほど綺麗ではないが、建物から持ち出している看板がとてもオシャレで街並みをよくしている。よく広告看板は景観を壊しがちだが、この街にはそれが当てはまらない。どこの街にでもあるマクドナルドのデカデカとした看板でさえ、ここでは上品で綺麗。広告看板が街並みをよくする、貴重な銀色の街。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-16 01:20 | ユーロ+の旅 2013
130915 ウイーン2
晴れ。ウィーン市内を軽めにまわる。

ミュージアムクオーターの外観だけみてから、美術史博物館へ。はじめは展示を見る気がなかったが、ブリューゲルとフェルメールをみたくてオーディオガイドまでつけてじっくり見ることに。
まず建物内部に入って階段吹き抜け部分にクリムトの絵があるがイマイチなんとも感じない。順にラファエロなどの絵を見たあと、ついにブリューゲルの部屋に。やっぱ凄い、絵の中の物語が面白い、絵のちっちゃな人まで楽しい動きをしていたりするから細部までじっくり鑑賞。ブリューゲルの本が欲しくなった。

夜の市内の様子を見に行く。市庁舎は近くまで行くより遠くからみるほうが綺麗。ほか主要な建物はほとんどライトアップされている。大通りはそれほど賑やかではなかったし、小さな通りになると薄暗くウィーンじゃなければ怖く感じる。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-15 10:49 | ユーロ+の旅 2013
130914 ブダペスト
雨のち曇り。ハンガリー、ブダペストへ日帰り。

駅に到着し、まず国が変わったことが実感できる。ホームがチョットきたなく古びた感じ。色彩が少なく、売店がショボい。通過がユーロでは無いため、表示はすべてフォリント。物価は少し安い気がする。
地下鉄乗り場入口では必ず人が切符をしっかりチェックしている、自動改札つければいいのに。バスではチケットコントロールに遭遇、私服でバスに載ったあとゼッケンをつけ、チェックをはじめる。ブダペストはチケットチェックを徹底している。

内装が豪華といわれるマクドへ。まぁ確認程度のもの。
小雨と突風がつらいが、くさり橋、王宮へと向かう。川、橋、ランドマーク王宮の構成は、プラハと同じで見え方も似ている。ブダペストは川幅がかなり広く、街や王宮が無彩色のため華やかさには欠け、川沿いのビューポイントにトラムが走っているため、プラハのほうが圧倒的に綺麗。くさり橋の構造は面白い。

王宮からは街並みがよく見える。綺麗だが色の無い街並み。王宮周辺を歩き、しないに戻る。教会前の広場ではイベントをしていて、ハンガリーの民族衣装をきて音楽に合わせてダンスを披露している。陽気な音楽でステップが特徴的で見ているほうも楽しくなる。

丘を登り、王宮とは別のポイントから街並みを眺める。ブダとペストが大きなドナウ川で切り離されているのがよく見える。それにしても、色が無い。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-14 18:11 | ユーロ+の旅 2013
130913 グラーツ
曇り。グラーツへ日帰り。

はじめにピーター•クック設計のクンストハウスへ。道路からではナメクジの眼のようなトップライト部分は余り見えなく、建物の特徴である軟体生物のような姿も分かりにくい。内部にも外部の軟体部分が入り込んでいて内部では天井になっている。
建築のみ見学も出来るようだが、内容が建築っぽかったので展示も見ることに。2Fへの展示スペースへは自動スロープであがっていく。宇宙船に乗り込むような演出がされて、吸い込まれるような感じ。
展示は各国の有名建築の模型や図面が展示されており、iPadでそれらの建築の写真や図面、設計者、pvななどの情報が見られる。楽しくて2hほどかけてじっくり鑑賞。その後、最上階の展望室とトップライトをみる。トップライトには螺旋状の照明がつけられている。外観に比べて中は、まぁ普通。

エッゲンベルク城へ登り、グラーツの街並みを眺める。世界遺産にしては思ったより新しい建物が多い。古い街並みの中でクンストハウスは際立って目立つが、街並みを引き立て馴染んでいるように感じる。クンストハウスが無ければ、そこそこ綺麗な街並み程度。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-13 08:22 | ユーロ+の旅 2013
130912 ウィーン1
晴れ。ウィーン市内をまわる。

フンデルトワッサーの建築巡り。
まずはゴミ焼却場へ。
あとの展示で知ったが、元々あった焼却場の外面を改修している。普通の飾りっ気のない工場の上に装飾を付け足している。今は外壁の改装工事中のよう、躯体、外壁の断熱材や断面がみえ構造がよくわかる。

フンデルトヴァッサーハウスへ。
公共住宅のため外部のみだが、十分デザインを楽しめる。形状や色づかいもだが植栽の多さが印象的、外壁の色は結構くすんでいる。

クンストハウス ウィーンへ。
こちらのファサードの色は黒と白がメイン。建物の中から飛び出す植栽がいい感じ。
内部ではフンデルトヴァッサーの展示を見る。展示内容は主に絵と建築模型。特に絵が凄い。今まで本で見ていたものとは全く別物で、なんの絵かは、何となくしか分からないが見ていて楽しい。特に色づかいが天才。
展示の中には日本語で題名が描かれた作品や印が押されていたりしていて日本との関わりを連想させる。どうだったのか気になる。ショップでは日本語のフンデルトヴァッサーの専門書が売られている。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-12 05:21 | ユーロ+の旅 2013
130911 トゥーゲンハット邸
晴れ。ブルノに寄ってからウィーン入り。

トゥーゲンハット邸へ。
道路とは反対の街の方に開いているため、道路側に対しては、閉鎖的。エントランスの部分は+字柱、アールの乳白色壁、向こう側の街並みへの抜けが特徴的。玄関建具は天井いっぱいまでの大きなもので、乳白色壁が曲がって入り込んだところにある。呼び込んでいる感じがいい。
内部の建具も多くが天井いっぱいまであり、木模様の建具は模様が反転させてある。内部の素材はガラス鉄道、床の石、建具の木など多種。石の壁はバルセロナパビリオンを連想させる。石の壁一枚でリビングと書斎の部屋の雰囲気がゴロッと変わるところがおもしろい。
リビングの庭側は全面ガラスでかなり明るく、ブルノの街並みがよく見える。+字柱はピッカピカ。家具はトゥーゲンハットチェアやバルセロナチェアで高級感抜群。上下に開閉する大窓は開けると、リビングが外部がつながり風が入って気持ちいい。
リビングの後ろは暗めの書斎スペース。書斎本棚の扉の一部収納への扉になっている。リビング、書斎横にはサンルームっぽく鉢植えの木がたくさんある。
他の部屋は全体が白で、家具も白くミースっぽくない。+字柱も白。ミニマムな空間。
地下階は設備機械室が多くをしめる。地下の部屋のはしらも+字で黒い。
庭は高低差があり、丘を上に建物がある。建物の外壁には植栽をはりめぐらしている。
豪邸っぷりや、大開口、庭などマイレア邸に似ている感じもする。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-11 06:39 | ユーロ+の旅 2013
130910 チェスキー・クルムロフ
曇り、晴れのち雨。
チェスキー・クルムロフに日帰り。
バスで片道3h、遠い。
バス停から少し歩くと街の景色が見えてくる。赤い街並、川、城とプラハの風景と共通している要素がたくさんあるが、こじんまり+遠くに平原があるため、のほほんとしている。
規模や雰囲気はイタリアのサンジミニャーノに似ている気がする。

おわり
[PR]
# by spaising_ai | 2013-09-10 20:27 | ユーロ+の旅 2013