<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
正月休み??
c0053808_1445636.jpg


+
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-29 14:39 | 卒業設計
パワーアッップ!!
購入して1年チョットたつPC
今の状態でも特に問題はないが、イラレ、フォトショ、シェード、キャド・・・
これからソッセイのためPC作業が増えてくるから、
できるだけ快適になるようにメモリを増設

メモリが思っていたよりも安かったので1Gを2枚購入し、1G→3Gにパワーアップ!!
まだ変化した実感はないが、おそらく快適になったはず。。

早くソッセイをPCをバンバン使う作業までもっていきたいが、もう少し時間がかかりそう・・
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-23 19:53 | アナログ
自然がもたらす価値観
大学に入学し地元を離れ一人暮らしをして早4年
4年目にして始めて名古屋で雪が積もった。

で、早速 雪合戦!!
バイトを早く終え、夜中の10時頃に・・スリッパで・・もちろん手袋なしで・・
雪がシンシンと降る中夢中で雪を投げる。
手足の感覚がなくなるほど寒い・・
けど、それを忘れてしまうほど楽しい。
それ以上の価値がある。

年齢を重ねるにつれ、人は寒い寒い言って家から出なくなる。
ガキの頃は相当雪で遊んだのに、完全に雪に対する好奇心が弱くなっている。
童心をいつまでも大切にしたいと思いつつ家にこもる自分が・・

+
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-19 10:47 | アナログ
今年最後の課題
今年こそは書きます。年賀状!!

小・中学生の頃は書いていたのに高校に入ってた頃からは全く書いていません・・
きっかけは、当時PCプリントが普及してきた頃で、文章も写真もすべてPCで作成される。
その年賀状の本来のメッセージの裏に見え隠れするPCの冷たさ、
"俺はこんな年賀状が作れるんだ"という第二のメッセージが嫌だったから。
結果、第二のメッセージ性が消える直接言葉で言うという方法を選んだ。

そして、メールの普及による必要性の低下・・
けど、今となればデジタルなメールの普及によって、
逆にこのアナログさに魅力や必要性を感じ、またこの日本の伝統にも魅力を感じる。
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-17 02:52 | アナログ
2006年7月13日開館予定
c0053808_21392555.jpg


+
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-13 22:09 | デジタル
卒業設計公開講評会
2005年度の東京大学建築学科公開講評会
2003年から始まり今期で3度目となる。
この講評会の注目される理由は、東大という名とか作品の質もあるが、
なんといっても毎年さすが東大!!と思わせるゲストクリティーク。

初年、2003年度は阿部仁史、五十嵐太郎、石山修武、曽我部昌史、塚本由晴
去年、2004年度は伊東豊雄、小嶋一浩、妹島和世、西沢大良、原研哉、藤森照信
で、
今年、2005年度は山本理顕、古谷誠章、西沢立衛、佐々木睦朗、高間三郎、川俣正
というラインナップ。(たぶん・・知らんけど。。)
建築家、エンジニア、アーティストというユニークなメンバー。
それにしてもすごいメンバー・・
また1000人以上の聴衆が集まることは間違いなさそう。

+
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-09 05:17 | 卒業設計
手塚ワールド
JIAの「身体」コンペの表彰式に出席。
あんまじっくりとは見れんかったけど久しぶりのコンペ作品の展示。
ちっちゃな本で見るより展示でドーンとしたA1プレゼンを見るのはおもろいっ!!。

表彰式と一緒に行われた講評会や特別審査員の手塚貴晴氏の講演会。
手塚さんや他の審査員のおかげもあって堅苦しくなく笑いもあったりしてかなり楽しい。
講評は手塚さん。
作品のいいとこだけを明確にそして正確に講評。
自分の作品やのに手塚さんのほうがうまくプレゼンしている・・
手塚さんから聞いたこともないグループの名前を耳にしたときはチョット焦ったり・・
これが公開プレゼンやったら確実に潰されてました。

+
[PR]
by spaising_ai | 2005-12-04 02:01 | アナログ