カテゴリ:ユーロ+の旅 2013( 70 )
131009 モロッコ、アルヘシラス
晴れ、曇り。

シャウエンからアルヘシラスまで移動。
切符を買っておいたバスがどのバスか分からない、ボロいバスがセウタ行きだと言われ乗り込むが荷物代といわれ金を請求される。行きも荷物代を取られているので、それは理解できるが20DHと言われ高すぎる。文句を言うが時刻になっても他のバスがおらず、このバスを逃しもうバスが来なければマズイと思い仕方なく払う。
ボロバスが出発した頃に、切符を買っておいたバスの社名の書いたバスがやって来る。デカくて綺麗なバス。確認していないので分からないが、多分あれが乗るべきバスで、荷物代っていうのはボロバスの運賃なんだろうな。きっと。

セウタに到着し、タクシーでフロンティアまで行きイミグレを通過する。ここで時差が+1時間、陸路での時差ってのは慣れない。バスでフェリー乗り場に近いところまで行く。アルヘシラス行のフェリーチケットを買うのに代理店みたいな奴らが声をかけてくるが無視。正規で買います。すぐ出発のフェリーがあり、乗り継ぎよくアルヘシラスに到着。ホテルまでの道のりでもミハス?とか言って声をかけてくるが、無視。
ホテルに無事到着、シャウエンからおよそ6時間、疲れた。ホテルのおばさんがとてもいい感じの人で、アルヘシラス街の情報を教えてくれたり、明日のロンダ行の電車の時刻まで調べてくれてありがたい。モロッコとのギャプが激し過ぎる。モロッコはカンボジアとウザさは同じぐらいだけど、頭の切り替えが陸路では難しい。イスラムな雰囲気も慣れない。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-09 08:58 | ユーロ+の旅 2013
131008 シェフシャウエン
晴れ。

ティトゥアンからシャウエンへ。バスで移動、30分ほど遅れて出発。山道をひたすらぐねぐね曲がりながら進んでゆき、1.5hほどで到着する。センターへはタクシーがいなかったので仕方なく坂道を歩いて向かう。ハマン広場近くにあるホテルに向かい予約はしていなかったが無事にチェックイン。はじめは75DHといわれたが、60DHで交渉成立。

街を散策する。写真で見たとおり青く、こんな街があるとは不思議だ。一部の通りだけが青いのではなく、ほぼ街全体の壁が青で塗られており、玄関建具も青いものが多い。青でも薄かったり濃かったりするので微妙な変化があり、より楽しい。
シャウエンの街が一望できる展望台へと向かう。綺麗な街並み。街は山勾配に従って建てられていて、全体が薄く青い。
シャウエンはティトゥアンと違って観光客が多く、メイン通りはお土産屋が多い。通りには多くの小学生ほどの子供が元気に遊んでいる。街の雰囲気は客引きのストレスも少なく、のほほんとしていいてとても過ごしやすい。昨日とは大違いで快適で美しい街。
レストランには無料Wifiがあり、店員はWifiをウィフィと呼ぶ、僕が前に冗談で教えた読み方も間違いではなかったようだ。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-08 09:55 | ユーロ+の旅 2013
131007 セウタ、ティトゥアン
晴れ。

セビリアからアルヘシラスヘバス移動、アルヘシラスからセウタヘフェリー移動。

セウタの国境まではバスで移動し、歩いてイミグレを通過する。
イミグレのスペイン側には大きな物資を持ったモロッコ人がいて、税関に見つからないように物資をモロッコ側へと運んでいる。税関が頑張って物資を取り上げるが、その間に他の人が急いで通過して行く。すり抜けようとする人が多すぎて税関一人じゃ対応できていない。こんな適当なもんなのか。異様な光景に唖然。
パスポートにスタンプを押してもらい無事にイミグレを通過すると、タクシーが溜まっている。このタクシーに乗ってティトゥアンまで行かないと行けないのだが、料金を聞くと高い。やたらとタクシーの運ちゃんは声をかけてくるし、不快感が半端ない。どうすれば乗合いで行けるか分からず苦戦するが何とか乗合でティトゥアンへと向かう。

ティトゥアンのバスターミナル前で降ろされたので、明日のシャウエン行のチケットを購入する。

ホテルを探しチェックイン後、街をまわる。屋上からの景色が特有。メディナは狭く、観光客はおらず生活感満載の地元人であふれている。モロッコ人は思っていたより親切だが、後でチップを請求されそうで見極めがめんどくさい。雰囲気はベトナムに似ていて、不衛生すぎて不快すぎる。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-07 20:18 | ユーロ+の旅 2013
131006 カルモナ
晴れ。

セビリアから白い村カルモナヘ日帰り、バスで1時間もしないうちに到着する。
パラドールを目指し歩く、街はそれほど大きくなく狭い道に白い壁が続並ぶ。パラドール付近からの景色は一面なにもなく、荒そうな地が続く。カンボジアで行ったプレアヴィヒアからの景色に共通するものがあり、爽快な景色。
パラドールは高級ホテルだが、宿泊客じゃなくても入れ、宿泊以外の観光客が多い。中庭パティオの日よけルーフが黄色く、そのルーフを透過した光が異様な色をつくっている。
カルモナはそれほど観光客が多くなく、ゆっくり白い家を楽しめる。どの家も。風除湿のような玄関を抜けると中庭があり、道からみは玄関ドア越しにチラッと中庭が見える。どの家もその中庭が魅力的で、各家庭で様々な飾り付けをしている。
門の上からカルモナの街を眺める。びっくりするほど綺麗。今まで見たことのない新しい部類の街並み。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-06 12:38 | ユーロ+の旅 2013
131005 セルビア
晴れ。

夜行バスでスペイン、セビリア入り。6時ぐらいの到着のはずが1時間以上早く到着、セビリアは早朝でも夏の夜明けな暖かい気候、街はほとんど人はいない。ホテルに行くが部屋には入れないので、ロビーの椅子で仮眠する。思ったより良く寝れて起きると10時、その後、予約してあるのにホテルのスタッフに今日は満室なので近くの別のホテルを案内すると言われ移動、そのホテルはすぐ部屋に入れたので結果としては幸い。

セルビアの市内を歩く、早朝は誰もいなかったのに観光客がいっぱいいる。かなりの晴天だが建物が密集しているため陰が多く過ごしやすい。最近できた木造のでっかい建築を見に行く。見ても木とはわからない、ジョイントは金物だし、別に無理やり木にこだわらなくていいじゃないか、木造サイボーグ建築だ。学生の卒業設計なんかでありそうな建築、模型までは面白く、実際建つと金物やブレースが目立ちイマイチ、そして屋上の展望デッキはさらにイマイチ、パビリオン程度にとどめておくのが一番綺麗なんだろうな。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-05 04:47 | ユーロ+の旅 2013
131004 リスボン3
晴れ。

リスボン市内をまわる。
まずはリスボン万博のカラトラバの駅へ。ホームは木のように鉄骨が生え、地下の連続性も含め、教会のようにも見える、特にミラノ大聖堂に似ている。

次にシザの建築へ。思っていたより屋根が軽やかで、空に浮かんでいるようにも見える。両サイドに光が入っているからかな。

この日の晴れのために待っていた展望台巡りと市電を乗る。ポルトガル料理やポートワインを楽しみ、完全にフツーの観光。

夜行バスでセルビアへ出発。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-04 09:42 | ユーロ+の旅 2013
131003 シントラ、ロカ岬
晴れ、曇り。

シントラ、城壁を歩き、ロカ岬へ。
ユーラシア大陸最西端、言われないとわからないが、いわれると何かスゲ〜って感じで結構いい場所。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-03 20:16 | ユーロ+の旅 2013
131002 オビドス、リスボン2
曇り、晴れ。

オビドスへ。街のメインストリートは観光客でなえる。城壁からの街の景色がいい。

リスボンへ戻り、ベレンへ。
修道院などを見る。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-02 11:46 | ユーロ+の旅 2013
131001 エヴォラ
曇り、ときどき雨。

エヴォラへバスで向う、片道1.5時間ほぼ時間通りに到着。霧雨のなか街中まで歩く、街は城壁に囲まれていて、ここもまた坂が多い。
街並みは黄色と白、世界遺産に登録されてるらしいが、それほどズバ抜けて綺麗な街並みでもない。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-10-01 20:26 | ユーロ+の旅 2013
130930 リスボン1
雨、曇り。

リスボン市内を歩く。思っていたより街は小さいが、ポルトと同様に坂が多いので距離以上に足に負担がかかる。
ロシオ、アルファマあたりを歩きカイス・ド・ソドレ駅近くのア・ロジーニャ・デ・サン・パウロで飯にする。タラを使った料理が蒸し、焼き、フライといろいろある。店員さんオススメのフライと白ワインを頼む、ワインはスモールサイズ0.5Lで1.8€安い。味はこの旅一番うまさ、フライの上にオリーブオイルとタマネギのソース?がかかっていて、まわりのポテトフライやパンと一緒に食べる。海外にいくと外人好みの、まぁこんなものかという体験学習のような料理が多いがコレは美味かった。

ホテルで休憩後、夜の街をぶらぶら。ジンジャを飲みに行く、カウンターのみの店だが次々客がくる、さくらんぼの果実酒らしく、ショットグラスほどのカップで飲む。とても甘くアルコールがキツい。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-09-30 05:33 | ユーロ+の旅 2013