130921 ロンシャンの礼拝堂
晴れ。ロンシャンの礼拝堂へ日帰り。

事前にロンシャン駅までの時刻を調べるが、やはり電車は少ない。ベルフォートからタクシーで行くというのは邪道だという、くだらない思いがあるため、乗り継ぎが悪くてもロンシャン駅まで行き、8年前と同じように山道を歩いて登る。前はバックパックを担いで登ったっけ、いろんな記憶が蘇る。
ロンシャンのまわりは、昔とは違い綺麗すぎ、安藤建築っぽく地中に埋まるコンクリートの建築もできている。昔の素朴な周辺環境の方が好きだ。坂道のアプローチに視線をさえぎる様に高木が植わっていた記憶があるが、今は四角に手入れされた低木になっている。坂をのぼりきれば昔と同じロンシャン、綺麗。クラックが入っている場所もあり老朽化が心配。
内部も昔と変わらず、奥行きと角度のある窓からの光がいい、今回の方が光が強く直線的な光が差し込んでいた。入り口風除室や、像のある飾り窓の壁がカラフルな色で塗られていることに気づいた。
何度も訪れたくなる建築だ。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-09-21 07:17 | ユーロ+の旅 2013
<< 130922 ポルト1 130920 バーゼル >>