130920 バーゼル
曇り。バーゼル市内のHe&deMをメインにまわる。

バーゼル民族文化博物館へ。増築をしている屋根部分がギザギザで仕上げも特徴的。エントランスのレベルが下がっているため、階段かスロープで降りるのだが、スロープと階段の境目がなく面白いデザイン。

メッセバーゼルへ。外壁の波々が開口位置によって大きく開いたり小さくなったり。 シナグルボックスの進化版のような印象。円形部分が特に綺麗。

ノバリティス キャンパスへ。中には入れないが、ポストカードとガイドブックをもらう。第二土曜日?にガイドツアーがあるみたい。外からはゲーリーの建築が少し見える。

シャウラガーへ。展示がされていないため外観のみ。土部分の質感や切り込みは、バルセロナ フォーラムに似ている。白い部分のポーチは丸亀美術館のよう。扉も外壁仕上げのように波打ってボコボコしている。

シナグルボックスへ。写真で見たとおり、鉄板の角度によって開いたり閉じたり。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-09-20 19:07 | ユーロ+の旅 2013
<< 130921 ロンシャンの礼拝堂 130919 ヴィトラデザイン >>