130907 バウハウス、ドレスデン
晴れ。
バウハウス元学生寮での目覚め。部屋が東向きで窓が大きいため、朝日が強烈に差し込む。早朝のグラデーションがかった景色がとても綺麗。
バルコニーへ出、爽やかな風と朝日をおもいっきり浴びる。手すりがパイプなので怖いけど、開放感は抜群。

ドレスデンにちょっと寄ってからプラハ入り。
ドレスデンでは、まずリベスキンドが改修した美術館へ。外観は旧美術館から鋭い金属の物質が飛び出しているような、いかにもリベスキンドらしいデザイン。
内観は旧美術館の古典建築にリベスキンドデザインの建物を挟み込んだようになっている。リベスキンド部分の壁はほとんどが傾いているし、プランにも角度がある。上階の展望へと続く階段や吹き抜けのトップライトなど、ユダヤと比べるとおとなしい感じはするのの共通している見せ場が多々ある。EVの本来見ることのない後ろ部分が解放になっていて、おもしろい。

ドレスデン市内へ、向かいの橋からの川や境界の景色がとてもいい。やはりいい景色や街には、必ず川がある。市内は完全に観光地。ぶらぶら歩く。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-09-07 18:33 | ユーロ+の旅 2013
<< 130908 プラハ1 130906 バウハウス >>