130829 ケルン
ケルンへ。ドイツ入り。
街の雰囲気が今まで訪れた国とは何か違う。日本のように秩序だっていて、真面目な雰囲気。

ケルン大聖堂へ。
高い。
塔の階段がやたらと長い。ひたすら螺旋階段をぐるぐるまわる。
塔からの景色はあまりよくない。
近代的なビルが多い。

コロンバ美術館へ。
おそらく、初のズントー建築。
外観は遺跡を囲むようにしてというか、一部の遺跡を外壁に取り込んでいるのがおもしろい。
外壁仕上げの石は内部にもはいりこんでいる。
エントランスの壁面に入り込む光が綺麗。壁の仕上げ、各収まりがとてもシャープ。

中庭の壁はハンチクのよう。
外観仕上げとの色、素材感のバランスがとてもいい。

展示スペースに入ると驚く。
これがズントー建築かと思わせる、光の入れ方。素晴らしい。
木の葉の隙間から光が差し込む感じ。
このキラキラした光の取り入れ方は、今まで初かもしれない。
外観の穴はこうなるのか、中に入らないと想像できない。

裏側のあまり見えない非常用階段までもシャープでかろやか。
外壁のテクスチャと対比してより軽やかにみえる。

おわり
[PR]
by spaising_ai | 2013-08-29 15:39 | ユーロ+の旅 2013
<< 130830 ブリューダー... 130828 ブリュッセル >>